希望と媚薬

『愛の反対は憎しみではなく無関心です/マザー・テレサ』 『批判書いてる間は俺の事を考えてる。だから俺の事好きなんだなって変換してます/手越祐也』

手越くんの好きなところ2018〜Happy 31th Anniversary〜

手越くんの20代が終わっちゃうよ〜〜!!!!ヤダヤダ〜〜!!!!
醒めない夢がいいの〜〜!!!!このまま20代がいいの〜〜!!!!

ってスーパーの床を転げ回る幼稚園児さながらに駄々をこねてから早一年。*1


マジではっや。
嘘でしょ?一年って本当に365日?
3.65日だったりしない?
こちとらまだ2018年に慣れてないんですけど。

そんなこんなで今年もやってきました。

ただただ手越くんの好きなところ、
それも昨年の誕生日から今年の誕生日までの期間で、
好きだと思ったところを羅列していくだけのブログ。


いや〜〜でもそれこそ手越くんなんてあれですからね、

10年で1歳歳取りますからね。

実質、実質は3.1歳なんですけど。

人間界では31歳表記なので、30歳になってから好きだと思ったところ、元々好きだったけどこの1年で更に好きになったところを書いていきます!



\手越を祝う♪👏手越を祝う♪👏/



\手越を祝う♪👏NEWSが祝う👏/


\地球で祝う♪👏宇宙も祝う♪👏/



1.頭頂部


頭頂部のどこが好きってここを見ることにより、
「あ、自担って日々を過ごしていくなかで確かに小さな変化を積み重ねて生きているんだな」
って実感できるところ。

なぜなら手越くんは基本オールウェイズ金髪であり、
メンテナンスも欠かさないプロ金*2なんですが、
たまに、たま〜に頭頂部がうっすら色づいてることがあるんですよ。

この世のどんな紅葉よりテンションが上がる。

「あ、自担、生きてる………」

って実感する瞬間。

ラブ、ピース、スマイル。フォーエバ


2.唇むんってしてる顔

具体的にどういう顔かっていうと、こういう顔↓


私手越くんのこの顔が超〜〜好きで、
超好きなんですけど(語彙力)、
どこが好きかっていうと、例えば


こんな風にキメてるわけでもなく、

こんな風にスネてるわけでもなく、




ただただ無意識なんだろうな〜〜!って思うから。



よく見るのは音楽番組のVTR中だったり、

ちょっとした"待ち"の時間。

今年お邪魔したある音楽番組で、椅子に座ってから
司会に話しかけられるまでの待ち時間もこの顔してて無事に気が狂いました。

きっとスイッチを入れてない、もしくは入れる前の
意識がないであろうこんな瞬間ですら、
人を狂わせるかわいさを発揮する手越くんの顔面ってどうなっちゃってんの〜〜!?


あとムンっていうのとはちょっとだけ違うんだけど、

この顔もかわいい♡

なんか赤ちゃんザルみたい。

はぁ


かわ


3.言葉の思考回路

手越担になった時から手越くんの

「まんま→マンマミーア」

みたいな思考回路が好きすぎてたまらなかったんだけど、
それが爆発したのが今年8月の少プレ夏休みSP

慶ちゃんがしゃぶしゃぶでネギを食べた時、

(´-」-`)甘み!


に反応しての一言


奄美大島ぁ!」

からの全員ガンスルー

そしてこの表情である。





もうさ、どうしたらいい?


マジで。

こんなにくだらないのに、泣けるほど愛しい。

この日から私の感情の中に、
「くだらな愛しい」が新しく加わったよね。


もはやテロップにすら拾われてないし、
その後も反応されないからお口ムニュムニュさせちゃってやんの。

どれだけ愛おしかったら気が済むのか。

この話まんまとKラジで突っ込まれてたんですけど、
全員ガンスルーだったことについて
「寂しい」とか言っちゃってさ〜〜!

バラエティ的に反応したら事故るのはわかるから、
その判断について何やかんや言うことはしないけど、
でも構われなかったら寂しいんだって。愛じゃん。


超どうでもいい個人的なことなんだけど、
少プレ夏休みSPの時MAXで精神的に落ちてて、
ちゃんと見られるか分かんないなって思いながら再生したのに、
この奄美大島をみて本当この人くだらないな、
大好きだなって思って超元気でたんですよね。

だからこれからもこういう言葉の思考回路を、
存分に味わわせてほしい。

最近だと、少プレシェアハウスの散歩シーンで

(´・ш・)細道

(´・ш・)奥の細道


って言ってましたね。

そんな祐也芭蕉には

「あらたふと 青葉若葉の 日の光」

を捧げておきます。

4.わかんない時の顔


自分にはわからない話題でメンバーが盛り上がってる時の手越くんって超かわいい。

ジュニア歴が浅いゆえに、ジュニアあるあるとか、
当時の話題についていけない時の手越くんは、
ちょっと切なくてかわいそかわいいんだけど、
恐らくよくテレビを見る人なら誰もが知ってるお笑い芸人のネタとかを知らない時の手越くんは本当にただただかわいい。

そこで、これ、見てください。

NEVERLAND大阪公演にて、シゲちゃんがおもむろにサンシャインシゲアキと化した時のこと。


わからない


わからないけどなんかみんな面白いやつっぽい


わからないけどシゲがなんか間違えちゃったのはわかる(からとりあえず笑っとこ)











……………………ッ!!!!!


もう言葉が出てこない。

出てこなさすぎてフォレストページでよく見るやつになっちゃった。

守りたい以外の感情を全て失う。

ネバランの手越くん基本的に子ライオンみたいな髪型してるから、
サバンナで生き抜く母ライオンってこんな気持ちなんだろうなって思う。

Mildも地球の裏側じゃWildになるっていうしな。





〜可愛いは地球を救う〜



5.サカアスのワイプ

オタクならみんな分かってくれると思うんですけど、
自担が画面に出てると大体無意識に声が出るじゃないですか?

なんならもう声帯が意思を持ってるっていうか…
声出した後に脳が気づくっていうか…、
とにかく「あー!」「ちょっ」「ん゛ー」とか、
喉にアラーム機能付いてるのかなってくらいスヌーズするじゃないですか。

サカアスの手越くん、マジでそれ。

サカオタが進行するサッカー番組なんだなぁって思う。

手越くんのサッカー界の自担であるメッシやクリロナが出てる時とか、
超〜〜嬉しそうな顔してて、ああやっぱり好きな人を見てる時ってこんなステキな顔になるんだなぁ////って、
テレビ消した後の黒い画面に広がる地獄ね。

でも、小さいワイプに詰め込まれた手越くんの
満面の笑みやくるくる変わる表情、本当に見てて飽きないし、
VTRを真剣にみつつ、ナレーションに突っ込んでるところも好き。

あの小ささで余白がない分、ワイプのなかにほぼ 手越くんの顔面しかなくて、
一粒で1000円とかする高級チョコみたい(?)

あとサポーターを見るときの手越くんが好き。
応援する側の気持ちもされる側の気持ちもわかるんだろうなって思うから。

沢山の愛が詰め込まれたあのワイプを
これからもずっと見ていたいな〜!!!!


6.エマちゃん

〜人は本当に可愛く愛おしい生き物を目にした時、気が狂ってしまう〜


ということをエマてごは改めて教えてくれました。

飼い始めたのは去年からですが、
今年は念願(?)の地上波デビューを果たしてその尊さを世に知らしめたし、
少プレを始めKラジやテマらじ、雑誌等々、
様々な媒体を通してエマちゃんとパパ、
パパのお友達(NEWS)とのかわいいエピソードが聴けました。

手越くんが余りにもあらゆる現場に連れてくるから、
もうNEWSで飼ってるみたいなものなんだって。
シゲが言ってた、シゲが。
って、すごい友達のテンションで話したけど全然他人。

でもそんな言葉が出てきちゃうほど、
飼い主に似てメンバーに懐いてるんだなぁって。
シェアハウスで慶ちゃんが抱っこして波打ち際に連れて行こうとした時も、

(´-」-`)パパが見えたほうがいいかな?
(´・ш・)大丈夫よ、メンバーだから

って言ってたもんな…確かに慶ちゃんはエマちゃんのパパのママ的存在だし…つまりはおばあちゃんだから(?)


そんなおばあちゃんとパパ(違)がKラジで話していたことなんですけど、

(´-」-`)エマちゃんとどんな話ししてるんですか?例えば、家帰ってきて「ただいま〜」

(´・ш・)「えま、あらオシッコしたぁ?んぇ〜〜てーんさい♡てぇーんさい♡」ってやってる


私やん


完全なる私やん

テレビの前で自担に話しかけるやつやん


でもそんないうてもラジオだからそこまでの破壊力はなかったんですけど、
まぁシェアハウスのパパ越くんは予想を超えるアレだった


(´・ш・)あーたちーは守る

(´・ш・)あたち、ひとり、ドッグラン、パァーパ、あたち、パァーパ、びじん〜〜♪


シンプルに頭がおかしい

アレだったとか言って濁した意味完全になくなったけど。

声がアレすぎてもはや安達だしな。

あたちは守るに関しては、もう一人称で犬を呼ぶみたいなわけわからんことになってるし。

でも、こんな頭おかしいとか言ってるけど、
しつけという面では無闇に甘やかさないで、
ちゃんとしてるところが本当に本当に本当に好きだし、
これからも幸せなパパとあたちでいてほしいなって思う。

あとこれ本当にマジかわいいなって思うのは、
エマちゃんの服をTPOに合わせて変えてるところ。

プリンセスエマちゃん(行列)



BLUEエマちゃん(BLUE PV撮影)


マリンエマちゃん(シェアハウスin葉山)



これを手越くんが選んであげてるところ想像してみてくださいよ。

可愛さでギネスに載るレベル。

自分の服は(お察しください)なのに、
愛娘のおべべはちゃんと考えて変えてあげるところ、
本当かわいすぎてどうしてくれよう。


いつかEMMA衣装のパパとエマちゃんが並んでるところが見れたらいいなぁ。

いぬのきもちさん宜しくお願いしま〜す!(ダイマ)

7.演技

演技っていうか、まぁ、小太郎ですよね。


去年のハピバブログで、今年がきっかけとなって、
来年も演技仕事が見られたらいいな〜なんて
書いたけどまさかのスピンオフ主演からの
2話友情出演が来るなんて思わないじゃん。

しかも役どころが、

「昔いじめられてた過去を持ち裏切りをきっかけに友情と命の破壊者になったクイズ司会者」ってもう……

こんなん自担にやってほしくないわけ〜〜!!!!(フォント500000000)

正月とクリスマスと夏休みとハロウィン一気に来たのかと思ったわ。


小太郎ちゃんについては別記事*3で散々こじらせたんで控えますけど、
でも手越くんの演技ってさぁ…………、よくない?


これに関しては正直欲望の目とかいて欲目入っちゃいますけど、
でも、よくない?手越くんの演技。


いい(お得意の1人C&R)


今回はキャラが強いのもあったけど、まんま手越祐也ではなくて、
スピンオフからちゃんと城山小太郎として生きていたと感じるし、
何より手越くんが楽しんで演じてたことが、
ギャンギャンに伝わって来たのがすごく嬉しかった!
色んな意見はあっただろうけど、原作ファンの方からもてごたろうって呼んでもらえたり、
「手越くんの小太郎」を楽しんでもらえて嬉しかったなぁ。
改めてシゲちゃん…あっ違うな、主演の加藤シゲアキさんに感謝!

表情豊かって言葉の本当の意味を私はゼロ 一獲千金ゲーム第6話で知りました。


あとはショートドラマ(?)だけど、スカッとジャパンに出てくれたのも嬉しかったな〜♡
内村さん司会なだけあってスカッとされる側なのが、
イジリ方を理解されてて愛を感じたよね。




かわいめの芋by増田貴久が全国放送されたのも良い思い出。

控えめにいっても国宝。

8.ギャップに気づかないとこ


ジーエーピー、そうGAP(発音良く)

GAPが嫌いなオタクなどいないとはあくまで持論ですが、
GAPが好きだったら正直もうオタクだと思う。


そんなわけでGAPがある人って魅力的だよねっていうことなんですけど、
じゃあ手越くんが持つGAPってなあに?って話じゃないですか。

GAP…っていい加減この表記打つのめんd…、
ウザいからやめますね☆


手越くんが持っているギャップは必ずしも一つではないけれど、
今年よく聞いたのが「真面目」っていうワード。


「"意外と"真面目」だよね、は真面目ではないというイメージがついているからこそ活きるフレーズであり、
それだけパブリックイメージが浸透しているという証なのだけど、
当の本人はそれを言われて「全然真面目じゃない」っていうから、
真面目な上に照れちゃってかわいい♡まで引き出せるのをわかってて多用してくるコヤシゲに策士を感じるよね〜!!!!サンキュー!!!!

自覚してないギャップってただのギャップより破壊力高いんですね、勉強になりますウッス。
でも恥ずかしいから自覚したくないギャップは、
手越祐也が開拓したニューギャップだと思う。知らんけど。

あと、「真面目」とは違うかもしれないけど、
私が一番その自覚してないギャップを感じたのは、

EPCOTIA大阪公演5/6の1部MCで、
スタッフさんも含め皆で宇宙にいるんだよ〜ってくだりで、

突然

(´・ш・)今回やってないからやっとこうよ

(´・ш・)俺らの大切な仲間の、スタッフの皆さんに拍手!

\イェーーーーイ!/

ってみんなで拍手したんだけど、割と3人ポカンとしてて、

(´-」-`)?あぁ…
(∵)拍手ね

リ `▽´ノリびっくりした今、ふざけんのかと思った

(´-」-`)いやぁ今…
(∵)急に真面目なとこ出るのやめて!?

(´・ш・)年に一回くらい真面目なことやるから///

(´-」-`)急に真面目になんないで?

リ `▽´ノリ今俺ふざけるテンションだと思って斜に構えてたら急にまじめな…

(´>ш<)ごめんごめんごめんwたまには言わせて?

たまにはたまには、たまにはって、
たまには何回言うんだって感じだけど、
きっとその時手越くんの中では、
「大切なスタッフさん含めてみんなで回ってるツアーなんだから感謝しよう!」
って気持ちがただ溢れちゃった結果で、
今回一度もやってない!こりゃいかんわ!って
全然大真面目に感謝してたんだろうな、
多分突っ込まれることとか想定してなかったんだろうなって思うと、
ただのいい子すぎて泣いちゃう。

でもただのいい子って思われるの恥ずかしいから、
そのあと

(´・ш・)小山さんのケツを食い込ませます!!!!

って花道で突如慶ちゃんのお尻食い込ませてたけどね。
照れ隠しの情緒がヤベェな。

は〜本当手越くんってかわよい*4




9.進化し続けるところ

これは「歌」について。

NEWSの嫌いなところなんて思いつかないけど、
唯一あげるとしたら一回コンサートに参加したら最後、
もうCD音源では物足りなくなってしまうところかな。

もう!なんであの音源が今手元にないの!?
今すぐ聴きたいのに!しんどい!嫌い!(SUKI)ってなるよね。

そうなる原因で私にとって一番多いのは、
手越くんのフェイクが進化、変化し続けること。

QUARTETTOでWonderの「ゥ゛ワ゛ァンダアアアァアァア」が、
アリーナで聞いた時とドームで聞いた時では全く違っていたこと、

NEVERLANDでBrightestのフェイクが
各公演ごとに変化していったこと、


EPCOTIAのJUMP AROUNDのクラップタイムで
ツアー中盤からスキャットを始めて
それが毎回進化していったこと。

どれ一つとして過程であっても未完成では絶対になくて、
そのままでも十分完成されてるのに、
もっともっとって、常に上を求める貪欲な姿勢が透けて見えるところが本当に大好き!!!!

どちらにせよ収録されるのは1ツアーにつき多くて2公演なのに、
1公演1公演全力で自分とは戦ってファンとは愛し合ってるんだなって。


特にBrightestは自分の中でも特別な曲で、
コンサートで聴くのを楽しみしてたから、
やってくれるだけでも嬉しかったんだけど、
毎回ラストのフェイクを試行錯誤してる手越くんを見る楽しみが上乗せされたことで、
更に特別な曲になりました。

ツアー期間中、自分が入った公演のフェイクは
必死で再現しようとメモってたのを
今見てみたけどさっぱり分からんので(当たり前)
ライブって生物なんだなぁと思う。

どうでいい話なんだけど、私はNEWS(アルバム)に
収録されているDance in the darkの手越くんのエフェクトがかかったフェイクを聴いて、
この人のエフェクトがかかったフェイクを
もっと聴きたいってところからNEWSにより興味を持つようになったから、
今までもずっとこういった雰囲気の曲を望んではいたんだけど、
その反面で生歌に力を入れてるNEWSの方向性とは相入れないんだろうなって気持ちもあったりしたので、
そんなの関係ないよって飛び越えてきてくれたみたいで勝手に嬉しかった。

だから余計にTHE!私が好きな曲!っていう、‪TWINKLE STARやIT'S YOU‬やBring Back the Summerも大切だなぁ。


手越くんがジャンルに関係なく、NEWSの曲を愛してる証。

そして少年倶楽部プレミアムでの光一くんのコラボも、
収録当日まで移動車や家でKinKi Kidsの歌を聞き込んでいたと
相方の増田さんにバラされていたけど、
歌が好きだからこそ、原曲へのリスペクトから、
そういう行動に繋がるんだろうなと思う。

去年のFNSから年始のニューヨーク研修へ続いて、
今年はいのちのうたソロ出演やMフェアでのコラボもあったし、
より歌の力や歌う楽しさを知った一年だったんじゃないかな。



次はどんな歌を聴かせてくれるんだろう?
きっと予想しても意味ないんだろうけど、
たったそれだけでワクワクさせてくれるところが大好きだよ!

10.運命に弱いとこ


私が手越くんを好きになった東京ドーム10周年記念公演、
本編ラスト曲前の挨拶で手越くんが言っていたこと。

「サッカーばっかやってた俺が、こうね、
ジャニーズ事務所に入って…まぁ、色んな…運命かな?
NEWSっていうグループに運良く入ることができて、
人生が怒涛のように変わったんですけど。」



かっ……………わいい!!!!


これを聞いた時、正確に言えば手越担じゃなかったんだけど、
え〜〜この人運命とか信じてるんだ!かわいい!って思ったのをよく覚えています。


運命、カナ?って小首傾げちゃうのもかわいい。
ただ天*5

手越くんのこと基本的には運命にただ流されるままに生きてるような人じゃないと思ってるけれど、
そんな人でも抗えないような大きな力を感じるようなことはあって、
それがジャニーズ事務所に入って、NEWSになったことなんだなと思うだけで胸がギュッとなるし、

15周年記念ソングであるStrawberryで、

「その運命が呼ぶ方へ」

ってついに歌にしちゃったのも愛おしい。

手越くんが「その運命」をNEWSだと思ってくれるなら、
これからも嬉し涙や笑顔を見られて、
歌声が届くところにいたいです。


11.生きづらさを抱えているところ


こういう言い方は正しくないのかもしれないけれど、
私は手越くんが手越祐也という一人の人間としてして生まれてきて、
あらゆる選択肢のなかから今の道を選び続けてくれてることを忘れたくないので、
あえてこういう言い方をします。

人は皆それぞれに生きづらさを抱えているものだと思う。

それは先天性のものもあれば後天性のものもあり、
自分で選べるものもあれば選べないものもある。

「アイドルとして生きる」ことで発生する生きづらさは、
間違いなく後天性であり、なおかつ自分で選べるものだ。

芸能の世界に身を置きながら、自分を見失わずに生きることって、
きっと想像してもしきれない程に大変なことで、
それでもアイドルでありながら手越祐也として生きてくれるところが好き。

手に絡みつく紐のように、囚われているみたいに感じる時もきっと想像以上にあるのだと思う。
それでもファンに対して「恩返しする宿命」があり、
NEWSを「生きがい」だと言い切るところが大好き。


過去の自分に語りかける味スタのVTRで言っていた
「‪手越祐也はもう、1人だけのものではありません‬」
に対して、

メンバーを始めそうやって繋がっている

スタッフさん、家族友人、そしてファン。

その紐も含めて、手越祐也であると、

アイドルとして生まれたばかりの自分に伝えたかったんじゃないかなって。

あなたをその場所に踏みとどまらせるその紐の一本に私もなっているのかなと思いました。


と、なっていられたらいいなと願いながら書いた9月15日。


けれど、その日に受け取ったANNIVERSARY BOXで、
収録されているStrawberryで手越くんが書いた歌詞、

「でもここにいるのはなんで
愛する人のため」

がもう全ての答えなんだと思いました。


彼女とかハニーとか、色々言うけど
ファンのみんなへの感情は言葉にできるものじゃないって、
「なんすかねぇ………俺もう好きだぁー、みんなのこと」
そう言いながら、困ったように笑っていた10周年。

あれから5年経って見つけた精一杯の表現が、
愛する人だったんだなと思う。

私は手越くんが元から完璧に強い人ではなくて、
完璧じゃなくても愛があれば強くなれる人なところが大好き。

愛されることでこんなにも人は強くなれるんだって、
体現してくれているところが本当に大好き。


すーーーーーーーーんごく恥ずかしいこと言いますけど、
ファンとして愛されてる自信しかないから、
同じように手越くんの愛が私を強くしてくれていて。
まだまだだけど自分らしく生きられる強さをくれてありがとうって言いたい。


継続は苦手なりが座右の銘で呆れるほど飽き性の私が、
あの手この手で手を替え品を替え褒めても、
全然足りないくらい、毎日毎時間毎秒新しく
好きなところが見つかる手越くんって凄い。

なんならこれを書き出してからもどんどん増えてるし、
コンサートが終盤に近づくにつれて口数が減るところ*6とか、
猫舌なのに麺類食べるときに一口で啜りすぎるところとか、
そもそも猫舌で迎え舌なところとか、
あーんされるのが当然だと思ってるところとか、
キリがないにもほどがあるんだけど…、

多分、来年もこうしてお祝いができるから、
できる手越くんと自分でいられると信じられるから、
来年にとっておきます。

いい加減しつこいかもしれないけど、
やっぱり幸せにしてもらうだけじゃなくて、
私が幸せにしたいって思えるのは手越くんしかいないから。


30歳の手越くんも大好きだったよ〜〜!!!!


31歳の手越くんもきっともっと好きになる。



新しい一年も宇宙の果てまで愛し合っていこうぜ!!!!