希望と媚薬

『愛の反対は憎しみではなく無関心です/マザー・テレサ』 『批判書いてる間は俺の事を考えてる。だから俺の事好きなんだなって変換してます/手越祐也』

僕らは『勝ったんだ』


NEWS、シングル「BLUE」

オリコンウィークリーチャート1位おめでとうございます!


こんなにオリコンの結果が出るのが、
遅く感じたのもずっと来て欲しくないと思うのも
とても待ちきれないのも怖いのも、全部初めてだった。

今までそんなに気にしたことすらことも、
オリコン発表日すらも知らなかったゆるゆる具合なのに。

だけど気にする理由があった。

開幕中の『2018 FIFAワールドカップ ロシア』で、
メンバーの手越祐也がメインキャスターを務める
日本テレビ系ロシア2018』のテーマソング。


その理由はこれだけで充分だった。

私の担当である手越くんが持ってきた大一番。


手越くんは1が好きである。

なんせ生まれた時から1並びの男だ。


やるからにはナンバーワン、という手越くんが私は好きだ。

4年ぶりの大仕事、正直に言って就任前から
任せてもらえるかどうか期待と不安でいっぱいだった。

でも、メインキャスターに連続で就任させてもらって
ちゃんと聴く前から好きにやる予感しかない曲があって。

それでも不安だった、絶対負けたくなかったから。

勝負の世界…というと、ちょっと大げさな気もするのだけど
ランキングというものがある以上、1番があって2番がある。

そしてNEWSはデビューからずっとオリコン
1位を記録している。


それは私がNEWSを好きになる前から
NEWSが好きでNEWSと夢を見てきた人達が繋いできてくれた記録だ。


売り上げが全てではないのかもしれないし、
大人のやり方というものは未だに何が正解なのか分からないけれど、
それでも「オリコン連続1位のグループ」
「じゃないグループ」のどちらにチャンスが多く与えられるのかくらいは何となくもう分かってしまう。


だけど、6月に入るまでは不安だ不安だと言いながらも
買う枚数はいつもの2倍くらいで見積もっていた。

ファンがみんな1枚でも買えば、オリコン1位をとれるグループだと、
今までの自分の中の感覚でいえばそう思っていて、
あまり危機感みたいなものはなかったんだけど、
あれからというもの毎日頭の中には常にこのことがあった。



私は元々、4人のNEWSというグループがこの世に一つしかないなら
NEWSが取るテッペンも一つしかないと思っている。

「テッペン」のモデルケースはあるのかもしれない。

けれど、そこをNEWSが目指すとしても、
進むのがNEWSならNEWSしか出来ないやり方、
NEWSのスピードで進んで、
NEWSでしか取れないテッペンをとると思っている。


つまり、そもそも常日頃からNEWSを、
他と比べるということがないに等しい。


なので今回も同発のアーティストがだす形態以上のことは調べなかったし、
相手や相手のファンの動向も見ていなかった。
気になってないわけじゃないんだけど、
自分から積極的に調べることもなく、
今日もNEWSが1位であるということ以外はチェックしていない。


負けたくない。

その想いは凄くあるんだけど、
誰かに勝ちたいじゃないんじゃなくて、
ただ1番が大好きなわたしのアイドルに1位をあげたかった。

矛盾しているなと自分でも思う。
自分がその立場でなかったらということをよく考えるので、
相手側の立場に(もちろん立てるわけがないんだけど)
大きくファンというカテゴリーでわけて立ってみた時に、
自分に対して綺麗ではない感情も抱いた。


それでも、‪どうしても1位が良かった、1位しかなかった、1位をあげたかった。

私は、何と戦っていたんだろう。

何に負けたくなかったんだろう。

だけど、

"勝ちたい"、より"負けたくない"が

ずっと大きかったのは、どこかで
必ず最後に勝つことをわかっていたからかもしれない。‬


大体書いてると答えが見えてくるんだけど、
全然分からないな

ただ1番大きかったのは、悔しいって気持ちだったかも。

色んなことがもうめちゃくちゃに悔しくて、
悔しくて泣きたいくらい悔しくて仕方なかった。


それがもう何に対してなのかっていうのは、
一個一個拾い上げたりはしないけど、
胸の中に燻り続けてた想いで1番大きかったのは
それだったんだろうなって思う。


悔しいって別に悪い感情ではないし、
私のような限定的な負けず嫌いには
良いガソリンにもなってくれたりするんだけど、
それが一歩間違えば、もっとドロドロした
煮えたぎるもの、自分の心も人のことも焦がしてしまうような
そういう感情に変化するんじゃないかって怖さがあったんだと思う。

いや、石油は欲しいけどね。全然。
それは常時コチラ☟まで募集してますけれども。


ああ、でもなんか今は凄く、 幸せかもしれない。


多分それは私が最初から最後までNEWSしか見てなくて、
NEWSと自分と、自分の内側だけで闘ってたからなんだと思う。

あ!!!!


あーーーそうか!


わかった!今書いててわかった!


そうだ、私がずっと立ち向かってたものって、
希望だったんだ。


なるほどね!!!!
そりゃ必死になるわ!!!!!!!!


だってもう何度目か分からないけど、
何度でもいうけど私の希望はNEWSだから!!!!



で、今私の中で闘ってたものたちみんな武器を置いてる。


なんか、1年前のちょうど今くらいの時に
手越くんがコンサートの挨拶で
「みんなが求め続けてくれる限り、
全力で戦ってぶつかっていくんで、
いつまでも愛し合っていこう」

って言ってて、傷つかないことが不可能な世界に身を置いてても
あなたが戦ってくれるなら盾にもなるし剣にもなる

みたいな、BLE○CHの表紙めくったとこの白地ポエムか
みたいなねことを言ってたんですけど、
でも私が武器を取るとしたらきっとこういう時で、
立ち向かうなら希望なんだなと。


でもこんなこと言っておいて、あれからというもの
通常営業時間外にも些細なことで心がポッキンチョしてしまうんだけど、
全然関係ないですがポッキンチョといえば、
私、ポッキンアイス大好きだったんですよ。

あの手で折ってポッキンってするからポッキンアイスね。通じるこれ?

でもあれポッキンとか言って全然折れないんですよね。
折ろうとして力入れたりねじったり色々するんだけど、
自分の手じゃ全然折れないの。


だから結局最後は親にハサミで切ってもらってたな〜っていう
現代的な縁側ほっこりエピソードなんですけどね。

そう、つまり結局何が言いたいのかっていうと
私大好きなものに関しては多分、
自分で折れることってないのかもしれないって思った。

どれだけ折られそうになっても。


その反面、折るときはもう誰の手にも任せず
自分の判断で選ぶし、それを誰のせいにも、
まして大好きなもののせいにもしないけれど。


あとは本当に一人じゃないって感じたな。

一人一人思ってること考えてること感じてること、
重なる部分はあれど、もちろん一人一人違う。


この間、つい先日のブログにも書いたメンバーで集まったのだけど
その日は「次は慶ちゃん復帰のお祝いで!」って別れた。

その通り、慶ちゃんの復帰祝いでフルメンバーではないけど集まって、
その日は「次は…とにかく祝いましょう!」って別れたのだけど、
やっぱり、その通りになった。

きっと次会うときも何をお祝いして、
ひたすらNEWSへの愛を叫んでると思う。


私はやはり言霊を信じている。言葉の力を。

それは良い意味でも悪い意味でも全く同じで、
言葉で人は殺せるんだということは絶対に忘れないでいたい。


そして、こうしてNEWSのおかげで出会えた大切な人達とかも
SNSがなければ繋がることはなかったのだと思う。

傷つくこともあったけど、救われることもあった。
一人じゃなかった。だから闘うことができた。


あえてこの表現を使わせて欲しいのだけど、

僕らは「勝ったんだ」



あれだけ悔しい悔しいって思ってたけど、
本当に、オリコンに関して言えば悔いなしです。

フラゲ日に地元のCDショップで16時になった瞬間に
BLUEを手に取って一気に会計して、ウキウキで店を出て
オリコン三枚集計のことを思い出して崩れ落ちたことも!!!!
あらゆるネットショップの梱包の仕方を比べてみたり!!!!*1
日曜17時ギリギリまでBLUE狩りしにいって、
売り切れてるからネットショップ回って、
追いBLUEしてAmazon枯らしたのもいい思い出!!!!

あと今日頼んだ覚えのないBLUEが届きました!!!!はやくもほん怖!!!!

何事も経験、楽しもう精神が生きに生きた。

現時点で私にとってこんなに大事なシングルはないし、
何枚買おうが枚数は関係なく、どれも大切な一枚。


恐らく人生で一番買ったことになるシングルが、
BLUEで本当に本当に本当に本当に良かった。


人生最高の自己満足をありがとう。

(今届いてる分で!We are the BLUE!)

*1:僕はダンボールが開けやすく一個一個簡単に開けられるプチプチ包装のNeowingちゃん!