希望と媚薬

『愛の反対は憎しみではなく無関心です/マザー・テレサ』 『批判書いてる間は俺の事を考えてる。だから俺の事好きなんだなって変換してます/手越祐也』

Echo

私、ずっと、NEWS担になりたかったなぁ。

何を言うとんねん、お前はと思われるでしょうが。

やっぱり始まりがアニバーサリーだったのが大きいのかな。


こんなに愛されているNEWS担、羨ましいって凄く思っていた。

あとは、憧れかな。

そういう気持ちがどこかにずっとあって、
だからそうなれないことが怖くて、
NEWS担として、とりわけ手越担として言えることなんて私には何もない。

そう思いたくて、ずっとSNSのアカウントとか
好きを表明する場を作らずにいた。

それが2年前、NEWS担として
好きっていうためのツイッターのアカウントを作って、
ブログも開設して、何とかその恐怖は乗り越えることができたと思う。
そういう気持ちがあったと認められるだけでも、大きな成長だったと思う。

でも、やっぱりまだNEWS担に対する憧れはあった。

NEWS担じゃないとはもう思わないけど、
でも何だろうな〜、こうなりたいっていう気持ちがあって、
それは私がNEWSと同じくらいNEWS担のことが
めちゃくちゃめちゃくちゃ大好きだからなんだけど。

そう、私はNEWS担のことが大好き。

NEWSが好きだからNEWSのことを好きな人が
好きっていうのは当然なのかもしれないけど、
でもそれにしたって好きすぎるくらいNEWS担のことが好き。


だから、今回TLにいるフォロワーさんだけではなくて
きっと大好きなNEWS担が、多くの人が傷つくんだろうってことも、とても辛かった。

NEWSのことが大好きで、支えられてて、生きる糧にしていて、
そんな風にNEWSと愛し合ってるNEWS担が、
黙ってまた傷ついていくんだろうなって思うと苦しかった。

せめてそういう感情をぶつけてもらえる壁になれたらと思って
新しい質問サービスを開設したんだけど、
思っていた以上に、この世界には
人の「好き」を取り上げて振りかざして笑って、
傷つけるための道具として使う人がいると知って、
それでも生活は続いているから、
続けていかなくてはいけないから、
そういう「日常」から連れ出してくれる手までも
ボロボロにされて、それでも我慢するしかなくて
何も言わずに傷ついてる大好きな人達が沢山いて。


悲しかった悔しかった、私の大好きなNEWS担をって、正直綺麗ではない感情、醜い言葉が何度も湧き上がった。

でも、昨日あげた通り、
傷ついても傷つけないのが私の戦い方だ。

だからそれは出さずに、ただ一緒にいるから、
一人にしないから頑張ろうって言いたいけど、
もう十分傷ついて頑張ってるこんなに優しい人たちに対して
何が言えるんだろう?って、
全部目を通して受け止めてはいても、
壁になりきることも、応えることもできなくて、
書くことしかできなくて、卑怯だなと自分を恥じたりしていた。


のだけど、今日。

こうしてNEWS担として好きを表現するようになって
NEWS担として出会えた、大好きなNEWS担の方々と
元々「慶ちゃんを褒め称える会」として会うことになっていた。

予定通り開催するかを決める時、
「会いたいです。」と送った。
やりましょう、とかではなく。
只々、NEWSが好きな、私が大好きな人たちに会いたかった。
会ってどうなるかは分からなかったけど、
みんなでハガキを書きませんか?と提案したら
全員賛同してくれて、やっぱり大好きだと思った。

でもいつもはNEWSを見て、只わーわーきゃーきゃー言って、時にエンエーンと泣いて、
延々と好きだ好きだ言うだけの会だから、
今日は流石に少ししんみりするかなぁと思っていた。


だってただでさえ、どうしても湿っぽい彼らを
好きな湿っぽい私達だ。

きっと、何を見ても泣いてしまうと思ってたし、
タオルを持ってこなかったことを後悔していた。

だけど、今日は間違いなく今月に入って一番笑った日になった。


びっくりするくらい楽しかった。

一番遅れて行ってしまったのだけど、
会ったらみんな服のどこかしらに担当のメンバーカラーを入れてて笑った。
示し合わせたわけじゃないのに。

今日も何回もNEWSのメンカラって天才じゃないですか!?天才!!!!ってやりとりをしたけれど、やっぱり大好きかよ。

私は今日、この間買ったばかりのピンクのブラウスを着ていこうと思っていた。
一目惚れで買っためちゃくちゃお気に入りの、
初めて着るなら絶対に今日が良かった。

そして、さいたまスーパーアリーナのオーラスに
友達とお揃いで受けたくてオーダーして作ってもらった
ピアスをつけていった。
大切だから、よっぽど特別な日じゃないとつけないって思ってしまっていたのに。

着けていくよとは言ったけど、
もう家出てるって聞いてたしな〜と思って
会ったら友達もそれを着けていた。
やっぱりなと思えたことが嬉しかった。

みんなで集まれる機会はそう多くないので、
ここには会っていても現場以外でちゃんと会うのは
久しぶりの方もいたんだけど、みんな口々に
食べれる時に食べようって色々頼んで、
結構食べて、それでも全部は食べられなくて、
しかし、食べられなかったのはそれ以上に
NEWSを見て喋って笑っていたからだ。

慶ちゃんが映るたびに「脚!!!!(長い)」
シゲちゃんが映るたびに「顔!!!!(良い)」
増田さんが映るたびに「エロい!!!!」
手越くんが映るたびに「かわいい!!!!」

みんなNEWSの前にどんどん語彙力を失っていく。
パワーワードが連発されていた気がするけど、
一つ一つ覚えてられないくらい、次々に
叫んだり笑ったりしながら。

今より少しだけ若い彼らを見て、
ずっとずっと同じことを繰り返し言っては
何回でも好きだと言い合って、
何だろう、ずっと笑っていた記憶しかない。

ここが好き!!!!待って天才じゃない!?!?
この2人のここがいい、やっぱりこの2人は最高、
4人って何でこんなにかわいいんだろうね?
4って何でこんなに距離感がおかしいんだろうね?

何でこんなにNEWSって愛おしいんだろうね?


そんなことばっかり、本当にずっと笑っていた。

ハガキを書いている間も、こんなことがあったね
っていう番組の感想のほかに、感謝や賛辞を述べながら、
時々流している番組のナレーションやメンバーの発言に答えたりしながら笑、ただ手を進めて、
途中ハガキが切れたり切手がなくなったりすると
コンビニに行って、買い足して、
その時にハガキを出してってしていたら、
そこそこの厚みのハガキの束を計3回出すこととなった。
コンビニ行く間もずっとNEWSの話をしていて、まるで部活の合宿みたいだった。


何でこんなにNEWSが好きなんだろうね?

そう言いながら、私は自分のことを、
めちゃめちゃNEWS担だなと思っていた。

そこに自分に対する疑いや後ろめたさとかは
全くなくて、NEWS担としてNEWS担と
NEWSがいないところで死ぬほどNEWSのこと考えて
とにかく手を動かして、口も動かして、
出てくるのは「好き」ばっかりで。

あー楽しい、面白い、NEWSが好き、そう何度も言い合っていた。

NEWS担って、楽しい。

NEWSが好きで、幸せだって何度も思った。

ハガキを書いている途中、1人が
「これで何かが変わらなかったとしても、
これだけのファンが何かをしたって、きっとNEWSには届くから、それでいいですよね」

というようなことを言って、みんなで
本当にそうですねと言い合った。

あなたたちのことをこんなにも愛している。

そしてそれを届けたいと思ってる人たちが
こんなにいるんだって、それが伝わったら、
きっと受け取ってくれる人たちだから。

愛は見えないものだけど、愛は形にできるのだ。

それを受け取ってもらえたら、もうそれだけでいい。

こうしてやれることがあってよかったよね、
とも何度も言い合っていたけれど、
最後の最後に、とりあえず、やれることはやったよね。
やらずの後悔はないよね。一生分のハガキ書いたね。

そう言ってみんな笑っていた。


私はNEWSのどんなことがあっても、痛みを乗り越えた先に笑いに変えてしまうところが好きだ。


どうしたって湿っぽくて、似たところもある私達だけど、
でもそういう強さを私達が渡すことだって
出来るんじゃないか、その大好きな笑顔達をみて思った。


発した「好き」は決して無駄にはならない。

絶対に巡り巡って、何かを起こしてくれる。
だってそうして私達は出会えたから。


そして、私達の大好きなNEWSは、
絶対に「好き」を受け止めてくれるし、
受け止めただけでは終わらせない人だって知っているから。


NEWSに放った「好き」は、
こうして新しい「好き」に私を出会わせてくれた。

そして出会った「好き」と好きをぶつけ合って
響き合って、手を取り合って、
また放った「好き」は、絶対に届くよね。


今この胸にある、根拠のない希望に
根拠を見出すとしたらそれなのだと思う。


大丈夫。
私はNEWS担だ、誰が何と言おうと私は絶対にNEWS担だ。

憧れていたNEWS担に、私は今なれている。


泣いたって笑ったって、明日はやってくるけれど
その時に、昨日までのNEWSを好きだった自分がいる。
今日のもっとNEWSを好きになった自分がいる。

だから、また昇る日を迎えることができる。


星がそこにあると知っている限り、例え見えなくたって
何度だって願いをかけることができる。


そして私は絶対に、絶対に
大好きな大好きな大好きなNEWS担のことを、一人にしない。

何一つ終わってない。
私達は、何かを始めることができるんだ。


何度だって放てるこの「好き」が、
どんな形で跳ね返ってこようとも
この声が届くならば何度だって届けるからね。


ああ、今日一人じゃなくて、本当によかった。
ありがとう。


特別な日って、今までコンサートだけだったけど
NEWSのおかげで生活の中に特別な日を作り出すことができたよ。

NEWS担だけでも出来たけど、やっぱり
NEWSがいないと寂しいし嫌だし足りないから、
届けたい想いを、「好き」をステージに向けて放たせてね。



あ〜〜〜〜NEWSが大好きで、NEWS担が大好きだ〜〜〜〜〜〜!!!!いくら言っても尽きない!!!!好き好き大好き超愛してる!!!!